2008年02月記録

賃貸マンションの改修工事、補修工事の紹介と運営日誌!
2008年02月の運営日誌。


電気屋さんと賃貸住宅の大家さんはとっても相性がいい事に気が付きました。

2008年02月の運営記録

混合水栓の交換

配管位置が深くなりました。

キッチンボードを貼るために、混合水栓を取り外しましたが、シングルレバーの混合水栓に交換することにしました。

混合水栓の交換

キッチンボードを貼ったため、給水管の位置が少し深くなりました。

混合水栓の交換

混合水栓の部品を水道管にねじ込んで行くと、カバー部分が当たって奥まで入りません。スカスカなので水漏れを起こします。

混合水栓の交換

そこで、ホームセンターに探しに行くとありました。水道管を継ぎ足すアダプターです。

混合水栓の交換

シールテープを巻いて水道管にねじ込んでいきます。

混合水栓の交換混合水栓の交換

これなら、大丈夫です。混合水栓のソケット部分の取り付けが完了しました。

混合水栓の交換

混合水栓本体を取り付けて完成です。

混合水栓の交換

水漏れに注意

水栓取替え時の注意点ですが、水漏れを起こすと大変です。多量にもらすと階下家財や内装の弁償をしないといけません。水道の元栓を開けた時、水が吹き出さないか、しばらく様子を見て微量の漏水が無いか必ず確認しましょう。

混合水栓の交換

洗濯機の給水栓

洗濯機用の蛇口は普通のタイプがついていました。

洗濯機用蛇口

そこで、洗濯機専用の給水栓に交換することにしました。

洗濯機用蛇口

これは、混合水栓の交換に比較すると簡単です。蛇口の先をモンキーで外し交換するだけです。

洗濯機用蛇口

この蛇口なら、給水栓ジョイント不要で洗濯機にワンタッチ接続できます。

洗濯機用蛇口

日時: 2008年02月29日 14:01 | コメント (0) | トラックバック (0)

電線の仕込み工事

点検できる所を作る

内装工事の前に、必要な電気の線を仕込みます。まずお風呂上の点検口から天井裏を覗くと、狭いです。場所によっては天井との隙間が10cmもありません。

風呂上点検口

栓の引き込みが難しいので、追加で点検口を作ることにしました。天井を専用カッターで開口していきます。

点検口の開口

ダウンライト用の丸穴からも天井内部の点検が出来るので、下地の状況を確認しながら丸穴を開けていきます。

ダウンライト用の丸穴開口

点検口が完成したのでここを使って天井裏に配線を仕込みます。

点検口

電線の仕込み

電話線、アンテナ線、LANケーブル、インターホン用のケーブルなどを引き込み玄関上の天井裏に持って行きます。

電話線、LANケーブルの引き込み

情報コンセントがある場所まで電線を通します。

情報コンセントへの引き込み

台所用コンセントなども追加するので、電線も天井裏から必要な箇所まで引き込みます。

VAケーブルの引き込み

日時: 2008年02月29日 13:22 | コメント (0) | トラックバック (0)

BLOGランキングに登場

アクセスログより発見

ranking2.gif

本日、初めてブログランキングからのアクセスを確認しました。

一生懸命200位以降を探していたら144位に初登場です。→ 人気ブログランキング - 不動産投資

このブログはムバーブルタイプと言うソフトを使った、独自ブログなので当初のアクセスでは不利なのですが144位はマズマズのスタートです。

少しずつコンテンツを充実させるようガンバリマス。


日時: 2008年02月27日 17:45 | コメント (0) | トラックバック (0)

キッチンボードの貼り付け

下地調整

キッチンにはタイルを貼っていますが、ガス栓周りなど仕上げが汚いのでキッチンボードを貼る事にしました。キッチンボードは初めての施工なので上手くできるか心配です。

まず、キッチンを全て撤去します。また、水栓があると貼り付けが出来ないので、仮に止水します。

タイルを貼っていない所にベニヤ板を貼り、タイル壁との段差を無くします。

キッチンの撤去仮止水

キッチンボードの施工

今回購入した、キッチンボード用のチップソーです。電動のこぎりの刃を替えてしまえば、後は木材のカットと同じような物でした。只粉塵が多量に発生するのでマスクを準備した方がよかったです。

使用したキッチンボードはアイカ工業製の アイカセラールと言う商品です。

キッチンボード用チップソー

貼り付けは両面テープと専用の接着剤で行います。両面テープを均等に貼り付けとの隙間に接着剤を付けていきます。両面テープがすぐにくっつくので、位置合わせをしたら一気に貼り付けます。

キッチンボードの貼り付け

水栓周り

混合水栓があるので、接続部分に合わせて丸穴を開けます。

水栓用の丸穴

水栓周りのキッチンボード

無事にキッチンボードの貼り付けが出来ました。

キッチンボード貼り付け完成

タイルを貼っていなかったガスコック周りの仕上げは施工前後で下記のようになりました。

施工前yajirusi.gif 施工後g

日時: 2008年02月26日 15:22 | コメント (0) | トラックバック (0)

インターネットでの情報収集

BLOGの購読

インターネットやBLOGが発達した事で自宅に居ながら情報収集することが簡単になってきました。特に、BLOGを探せば不動産や建築業界での著名な方の情報が得られ、コメントなどでコンタクトも安易に取る事が出来るようになりました。

例えば、下記のブログランキング上位のBLOGなどから貴重な情報が入手できます。

今まで、お気に入りのブログを毎晩巡回しては、一喜一憂していました。更新されて新しい情報があれば喜び、更新されていなければガッカリと他のブログへ移っていました。そんな手間を解消できるのがRSSリーダーです。

お勧めiGoogleの紹介

RSSリーダーとして、自分仕様にカスタマイズできる iGoogleを利用しています。

google.gif

BLOG登録方法は色々ありますが、まずiGoogleにアカウントを作成し、「コンテンツを追加」をクリックします。

google1.jpg

表示されたページのメニューで「RSSを追加」をクリックします。

google2.jpg

RSS追加のダイヤログが表示されますので、読みたいBLOGのURLを貼り付けて追加すれば、RSSの追加が出来ます。次回からはiGoogleにアクセスすれば自動的にRSSを呼び出し、更新状況を表示してくれます。RSSリーダーはGoogle以外にも提供されていますので自分に合ったものを探されるといいと思います。

google3.jpggoogle4.jpg

もっと簡単な使い方

rss1.gif

もっと簡単にRSSリーダーを使うには右メニューの購読ボタンを使います。GOOGLEだけでなくgooやライブドアのRSSリーダーにクリックするだけで登録できます。


rss2.gif

例えば、GOOGLEのボタンを押すと


GOOGLEホームページとGOOGLEリーダーのどちらに登録するか聞いてきます。GOOGLEホームページを選択すると、後は画面に従って登録すればOKで。

rss3.gif

日時: 2008年02月23日 09:37 | コメント (0) | トラックバック (0)

一部下地の補修

下地が悪い

キッチン上部の壁ですが、電線が露出し油で黒くなり汚いです。

下地もネジが出っ張っていて、平らで無いところにペンキで仕上げています。この上にクロスを張るとネジなどが浮き出て汚いと思います

電線が露出 下地が悪い

下地のやり直し

そこで、上からベニヤを貼り下地をやり直すことにしました。まず、天井から新しい電線を仕込みました。

電線を仕込み

続いて、銅縁を打って壁をふかし、そこに電線を埋め込む事にしました。

こうすれば、汚い電線を隠す事ができます。

銅縁を打って

銅縁の上にはるベニヤをカットします。寸法を測ってベニヤとガイド用の板を仮固定すると、ガイド用の板に沿わせて電動のこぎりをスライドさせるだけでキレイに切れます。

難しかったのは元々のイガミがある為、幅が右と左さらには中央で異なるので、寸法あわせが大変でした。

ベニヤ板をカット

カットが出来ればコースレットでベニヤ板を固定していきます。

ベニヤを貼っていきます

これで、壁の下地補修が完成しました。この後はクロス屋さんに任せます。

下地の完成

日時: 2008年02月22日 17:30 | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログの公開について

ブログの公開を開始します。

PING送信を開始し、ブログの公開を行います。久しぶりのPING設定なので、どこに送信すればよいのか探していると→ それぞれのブロガーがフツーの人のRSS知識をハックするべき理由*ホームページを作る人のネタ帳で見つかりました。

ホームページを作る人のネタ帳は、ブログ開設で参考にしたブログですので、後日参考した項目を紹介したいと思います。

ブログランキングの参加

ranking1.gif

同時に

人気ブログランキングにも初めて参加しました。このブログは不動産の運営やリフォームをテーマにする予定ですので、不動産投資というカテゴリーでの参加です。


日時: 2008年02月22日 17:04 | コメント (0) | トラックバック (0)

大家倶楽部の懇談会で地上デジタルの説明を行いました

賃貸住宅を地上デジタルに対応させる方法

P1360255.jpg

昨日は生野住宅組合の懇談会がありました。

本業が電気屋ですので、予てから地上デジタル放送に建物を対応させる方法について説明をしてほしいと依頼を受けていました。

昨年は改修工事で忙しかったのでようやく準備を整え説明を行いました。

何分、人前で説明するのは就職直後から20年ぶりになるので、解っていただけたでしょうか?まだまだ噛み砕き方が足りないかもしれませんね

例えば分配器とは何をするものか、そこから説明しないと解ってもらえないかもしれません。検討します。


地上デジタル受信のネット講習会

昨日の説明会の内容は既にホームページにしてまとめております。詳しい内容については下記をご覧下さい。

地上デジタル放送受信チェックマニュアル

2011年地上アナログ放送はデジタル放送に切り替わり放送を終了します。そこで、新しいサイト→ 地上デジタル放送受信チェックマニュアルを開設しました。このサイトは

  • 地上波をアナログからデジタルに切り替えるにあたりどのような問題があるのか
  • アンテナ工事業者の場合、建物の地デジ対応でどのような点をチェックするのか
  • 工事業者の事例を参考に自分でチェックする方法の紹介
  • チェック項目に回答して頂くことで、診断書のオンライン発行

などを行っております。テレビの設置とは少しテーマが異なるので、別サイトにまとめました。

地上デジタル放送の受信方法は→ 地上デジタル放送受信チェックマニュアルをご覧下さい。

日時: 2008年02月20日 09:40 | コメント (0) | トラックバック (0)

駐車場横の1Kルームのリフォームに掛かります

長らく放置していた部屋のリフォームです

大規模補修中は物置兼打ち合わせに使用していた部屋のリフォームに取り掛かりました。

珍しく引き戸式の玄関です。

yama061.jpg

4畳半押し入れ付きにキッチンと言う間取りです。付いているエアコンも古くクロスや畳も汚れています

nada0096-thumb.jpg

流し台もサビや焦げ付いているところもあります。

nada0095-thumb.jpg

流し台上には露出した配線があり、下地も悪いです。阪神大震災後ある工務店が施工したんですが、本当に大工と言うぐらい汚い仕上げです。

P1350001.JPG

キッチン後ろにはタイルを貼っていますが、ガス管のところだけよけて貼ってありません。

P1350003.JPG

どんな部屋になるか

さて、これからこの部屋のリフォームに掛かりますがどうなりますか?

日時: 2008年02月20日 09:18 | コメント (0) | トラックバック (0)

社団法人 デジタル放送推進協会のデジタル放送の受信

「Dpa」のe-ラーニング

chideji-syuuryousyo.gif

社団法人 デジタル放送推進協会「Dpa」からデジタル放送受信に関するe-ラーニングが開始されました。

早速、技術編17分を受講し修了書を頂きました。

結論から言うと非常に解りやすい内容になっています。テレビの知識が無い人なら基礎編から、ある程度知識のある人は技術編を受ければ知識が深まると思います。


受講は→[Dpa] 社団法人 デジタル放送推進協会|eラーニング デジタル放送の受信より行ってください。

と投稿したものの、間違えて賃貸運営のBLOGに投稿してしまいました。物件の地上は対応もあるのでそのままにしておきます。

日時: 2008年02月02日 09:36 | コメント (0) | トラックバック (0)

1

もう、ほったらかし大家は卒業しました。本業の電気屋の知識を活かし賃貸マンション運営の記録 ©2007

賃貸住宅運営日誌:特にDIY作業や設備面を中心に書いて行きたいと思います。