金持ち父さん貧乏父さん

ロバートキヨサキの金持ち父さん貧乏父さんを読んで


電気屋さんと賃貸住宅の大家さんはとっても相性がいい事に気が付きました。

金持ち父さん貧乏父さん

資産と負債の違いが良く解った本

ロバートキヨサキ薯、白根美保子訳の「金持ち父さん貧乏父さん」は2000年の出版です。当時タイトルとベストセラーである事は認識していませんでした。 翻訳本と言うのは、どうも読みにくく理解しにくいと言う経験があったからです。

ある、百貨店の書籍コーナーで購入したのは出版から6年を経過した2006年の事でした。今から思えばもっと早く読んでおく本でした。

この本で学んだ事

  • 金持ち父さんと貧乏父さんが全く逆の思考であること
  • 結婚後多くの人が購入する自宅は資産ではない事
  • お金がお金を稼いでくれる事

この本では、上記のような事を学びました。今でも時々読み返しては新たな発見がある1冊です。


関連するサイトへのリンク

あわせて読みたいブログパーツ

お役に立ちましたら下記のクリックをお願いします。


投稿日時: 2008年01月25日 16:59 [ EDIT ]

このページに使用しているタグ(目印)一覧

, ,

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

金持ち父さん貧乏父さん」の記事が無い場合はスパム行為と見なしトラックバック出来ません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)





もう、ほったらかし大家は卒業しました。本業の電気屋の知識を活かし賃貸マンション運営の記録 ©2007

賃貸住宅運営日誌:特にDIY作業や設備面を中心に書いて行きたいと思います。