空室が満室に変る究極の方法

浦田建氏の空室が満室に変る究極の方法は賃貸への考え方が根本から変った本です。


電気屋さんと賃貸住宅の大家さんはとっても相性がいい事に気が付きました。

浦田建氏の「空室が満室に変る究極の方法」

賃貸への考え方が根本から変った本

この本は2006年に読んで、賃貸住宅運営に対する考えを根本から変えてくれた本です。

当時は、昔から付き合いのある不動産屋さんにまかせっきり!

不動産屋さんが「近頃は分譲マンションが家賃以下で買えるので、中々入居者が見つからないんです。供給も過剰で家賃も大幅に下がっています。」といった言葉をそのまま信じていました。

本当に入居者が無いのだろうかという思いから本屋さんで手に取った1冊です。

何も分からない当時には、書いている内容が全て新鮮に取り込めました。

簡単に書くと不動産屋任せにするのではなく、電気屋同様経営として考えればよいだけの事でした。

今なら、同じような内容の本も沢山出ていますが、不動産運営の一歩にはいい本だと思います。


アパートマンション経営塾

「空室が満室に変る究極の方法」で感動したので引き続き「アパートマンション経営塾」「金持ち大家さんになる裏マニュアル」を購入しました。

この本は、どちらかと言えば新規に物件を持つ方を対称に書かれた本なので、当時はあまり理解できませんでした。

人口動向と不動産需要や専任と一般の募集の違いなど断片的な事しか吸収できませんでした。

今、改めてパラパラとページをめくると、「不動産の法人化」など新たな発見がありました。時間を見つけてもう一度読んでみたいと思います。


関連サイト

あわせて読みたいブログパーツ

お役に立ちましたら下記のクリックをお願いします。


投稿日時: 2008年01月29日 16:07 [ EDIT ]

このページに使用しているタグ(目印)一覧

, , , ,

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

空室が満室に変る究極の方法」の記事が無い場合はスパム行為と見なしトラックバック出来ません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)





もう、ほったらかし大家は卒業しました。本業の電気屋の知識を活かし賃貸マンション運営の記録 ©2007

賃貸住宅運営日誌:特にDIY作業や設備面を中心に書いて行きたいと思います。