自宅サーバー構築

大容量ファイルやり取りと長時間動画配信のための自宅サーバーを構築しました


電気屋さんと賃貸住宅の大家さんはとっても相性がいい事に気が付きました。

古い自作パソコンでサーバー構築

長時間動画配信とFTPサーバーが目的

P1510082.jpg

YouTubeの動画配信は、容量の関係から10分間までに制限されていますし、安価なレンタルサーバーでは負荷が掛かる動画のストリーミングは禁止されています。

ストリーミング可能なレンタルサーバーを探すと、ビックリするような利用料が掛かります。

そこで、仕事場に自宅サーバーを構築し、そこから動画配信を行なうことにしました。

自宅サーバーでも負荷が掛かることには変わりないですが、特定のメンバーだけに行なう動画配信は利用頻度が低いので大丈夫だと思います

同時に、FTPサーバーも構築し大容量ファイルのやり取りが出来ればと古い自作パソコンを流用することにしました


参考資料

自宅サーバー構築などのキーワードで検索すれば、詳しく説明しているサイトが見つかりますが、今回は「小さな会社のネットワークサーバー構築・管理ガイド」と言う本を参考にしました。

特に、セキュリティー対策なども詳しく載っていたので、解かりやすかったです。

今回は、行ないませんでしたが防犯カメラの映像配信やサーバーのリモートコントロールもフリーのソフトで出来るようです


これからはコンテンツ作成

P1510083.jpg

基本的には書籍に従って下記のフリーソフトをインストール、サーバーが構築できました

これからは、コンテンツ作りに専念できそうです。


あわせて読みたいブログパーツ

お役に立ちましたら下記のクリックをお願いします。


投稿日時: 2009年02月02日 11:47 [ EDIT ]

このページに使用しているタグ(目印)一覧

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

自宅サーバー構築」の記事が無い場合はスパム行為と見なしトラックバック出来ません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)




賃貸物件サイトで目指せ!満室経営

PR賃貸住宅やアパートの大家さん・オーナーさまへ

あなたの賃貸物件も詳しく紹介するホームページを作成しませんか?
仲介業者に注目される物件になり、満室経営を助ける最強ツールになります。入居者との直接契約も可能になります。

オーナーの感想

賃貸物件のホームページがあると、空室資料の作成をする手間が省け、業者へ資料を持ち歩かなくて済みます。
空室の設備・間取りも、丁寧な説明・写真・動画のページづくりで、すぐに理解していただけます。
業者さんに、空室状況を把握してもらうには一番の近道です。
仲介業者から良いホームページですね、紹介してと言われましたくらいです。

賃貸物件写真や動画の無料講座も開設して居ります。詳しくは→空室対策サポートセンターをご覧下さい。
賃貸物件ホームページ作成や更新費用が瞬時にわかるオンライン見積りも準備して解かりやすく説明させて頂きます。


もう、ほったらかし大家は卒業しました。本業の電気屋の知識を活かし賃貸マンション運営の記録 ©2007

賃貸住宅運営日誌:特にDIY作業や設備面を中心に書いて行きたいと思います。