仙台市での地震遭遇

仙台市で遭遇した「仙台宮城内陸地震」と地元の方との地震のお話


電気屋さんと賃貸住宅の大家さんはとっても相性がいい事に気が付きました。

岩手・宮城内陸地震

組合の旅行&勉強会

P1400363.jpg

私が参加している大阪生野共同住宅組合の懇親旅行&勉強会で仙台近郊に行ってきました。

日程は13日から15日で、14日仙台市で岩手・宮城内陸地震に遭遇しました。


移動中、電車内での会話

旅行の同行者が地元の方とお話した内容(私が直接聞いた話ではありません。)

仙台市近郊を電車で移動中、周囲には建設中の賃貸住宅やビルが沢山車窓から見えました。

同行者:この付近は沢山建物が出来つつありますね。

地元の方:ここは、近くに断層が通っているので、地元の人は購入を控えている地域です。

同行者:では、誰が建てているのですか?

地元の方:ほとんどは東京や大都市圏の建築会社でしょう?!時期的にはそろそろ地震が起きてもおかしくない時期ですよ

この話をした翌日、発生したのが岩手・宮城内陸地震です。なお、上記で話していた断層と今回の地震の断層は別の物です。

最近、投資の勉強をしていますが、地方の物件を見ないで購入する方も多いそうです。上記の話を聞いて、少なくとも現地不動産業者や住人に話を聞くべきだと感じました。

私が購入する場合は、よく解っている地元近郊で探したいと思っています。

地震との遭遇

P1400363.jpg

6月14日、ホテルでの朝食を終え、7階の部屋に戻りひげを剃りながら外を眺めていた時の事です。

突然、大きな揺れが襲いかかりました。

激しい揺れで、体を支える為、窓のサッシ枠につかまりました。

幸い、室内では落下物も無く数分後に揺れはおさまりました。

よく考えると、窓は割れる可能性があり危険だったかもしれません。

とにかく、大きな問題も無くおさまりよかったと思いました。

私が遭遇した仙台市内での地震被害は

  • 滞在していたホテルのエレベーターが止まってしまった(もう少し地震が早ければ閉じ込められていました)
  • 電車や新幹線が停止し、移動が出来なくなった事(午前中でほぼ復旧)
  • 近くのホテルの窓ガラスが割れていた事

くらいでした。


電話連絡が取れない

地震後家族や職場に無事を連絡しようとしましたが、携帯電話は通話もメールも出来ない状態になり、ようやく連絡が取れたのは午後近くになってからでした。

只、旅行同行者が所有していたウィルコムのPHSは地震直後のメールや通話すべてOKでした。

大きなアンテナで広い地域をカバーする携帯電話と小さな複数のアンテナでカバーするPHSの違いが出たようです。

災害時に強いのはPHSと認識しました。

あわせて読みたいブログパーツ

お役に立ちましたら下記のクリックをお願いします。


投稿日時: 2008年06月16日 13:01 [ EDIT ]

このページに使用しているタグ(目印)一覧

,

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

仙台市での地震遭遇」の記事が無い場合はスパム行為と見なしトラックバック出来ません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)





もう、ほったらかし大家は卒業しました。本業の電気屋の知識を活かし賃貸マンション運営の記録 ©2007

賃貸住宅運営日誌:特にDIY作業や設備面を中心に書いて行きたいと思います。