コア抜き工事

鉄筋コンクリート造り賃貸住宅のエアコン用穴をダイヤモンドドリルであけてきました


電気屋さんと賃貸住宅の大家さんはとっても相性がいい事に気が付きました。

ダイヤモンドドリルを使ったコア貫通

6箇所のコア抜きに行ってきました。

gazou006.jpg

室内の解体工事が終了したので、保留にしていたコア抜き6箇所の工事に行ってきました。

建物自体は鉄筋コンクリート造りですので、ダイヤモンドドリルという専用工具を使わないと穴を開けられません。

また、足場の無い4階の穴あけがあるので、室内側からの貫通工事となりました。


GL壁をはがして

gazou009.jpg

本日、工事するよと伝えていたにもかかわらず、GL壁の工事が始まっていました。

この状態で、水を使うダイヤモンドドリルは使えないので、GL壁を一部はがしてのコア抜きとなりました。

このあたりは段取りが悪いですね。

古い窓枠に、水受けパットが入らなかったので、パット無しでのコア抜きとなりました。

小さめのパットを購入しておけばよかったです。


下記は、コア抜き作業の動画での紹介です。

あわせて読みたいブログパーツ

お役に立ちましたら下記のクリックをお願いします。


投稿日時: 2008年11月25日 11:31 [ EDIT ]

このページに使用しているタグ(目印)一覧

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

コア抜き工事」の記事が無い場合はスパム行為と見なしトラックバック出来ません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)





もう、ほったらかし大家は卒業しました。本業の電気屋の知識を活かし賃貸マンション運営の記録 ©2007

賃貸住宅運営日誌:特にDIY作業や設備面を中心に書いて行きたいと思います。