地下の照明電気工事おまけ

既存照明の埋め込み配線を入れ替えました


電気屋さんと賃貸住宅の大家さんはとっても相性がいい事に気が付きました。

電線の引き込み交換

古く錆びている電線管に通っている電線を交換しました

前回地下駐車場の照明工事を行いましたが、その時気になっていた古い照明配線です。

金属管や埋め込みボックスが錆び、配線も古くて漏電などが心配でした。

しかし、以前はこの配線しかなかったので、万一線が通らないなどの場合を考えると作業が出来ませんでした。

先日、露出配線別系統で地下駐車場の照明工事が終わりましたので、安心して作業できるようになりました。

地下埋め込み電線管 ボックスは錆び、電線も古い

新しい電線の引き込み

古い電線につないで新しいケーブルの引き込み

作業は古い電線に新しいVAケーブルをつないで引き込みます。

本当はVAケーブルでなくてもいいのですが、電線管内部の状態に不安があったので、外被で2重絶縁構造になったVA線を使用しました。

こっちで押して、あっちで引っ張るの繰り返しです。


接続して収めます

数箇所、電線管に通線する所がありましたが、無事電線も通り結線して納めました。

古い電線が無くなり一安心です。


埋め込みボックスにステンレスプレート取り付け

埋め込みボックスのネジピッチは約90mmでしたので、松下電工の丸型ステンレスプレートWN8690Kを取寄せてつけてみました。

結果は、寸法ピッタリ取り付きました。後日、全てのボックスに取り付けようと思います。

後は、壁面や天井面の塗装を行えばキレイになりますが、その前にする事が残っているので、かなり先になりそうです。

松下電工のWN8690K プレートがピッタリキレイに収まりました

あわせて読みたいブログパーツ

お役に立ちましたら下記のクリックをお願いします。


投稿日時: 2008年06月10日 17:40 [ EDIT ]

このページに使用しているタグ(目印)一覧

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

地下の照明電気工事おまけ」の記事が無い場合はスパム行為と見なしトラックバック出来ません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)





もう、ほったらかし大家は卒業しました。本業の電気屋の知識を活かし賃貸マンション運営の記録 ©2007

賃貸住宅運営日誌:特にDIY作業や設備面を中心に書いて行きたいと思います。