1Kルームのリフォームその4電気の仕込み

電話線、LANケーブル、アンテナ線、VAケーブルの仕込を行いました


電気屋さんと賃貸住宅の大家さんはとっても相性がいい事に気が付きました。

電線の仕込み工事

点検できる所を作る

内装工事の前に、必要な電気の線を仕込みます。まずお風呂上の点検口から天井裏を覗くと、狭いです。場所によっては天井との隙間が10cmもありません。

風呂上点検口

栓の引き込みが難しいので、追加で点検口を作ることにしました。天井を専用カッターで開口していきます。

点検口の開口

ダウンライト用の丸穴からも天井内部の点検が出来るので、下地の状況を確認しながら丸穴を開けていきます。

ダウンライト用の丸穴開口

点検口が完成したのでここを使って天井裏に配線を仕込みます。

点検口

電線の仕込み

電話線、アンテナ線、LANケーブル、インターホン用のケーブルなどを引き込み玄関上の天井裏に持って行きます。

電話線、LANケーブルの引き込み

情報コンセントがある場所まで電線を通します。

情報コンセントへの引き込み

台所用コンセントなども追加するので、電線も天井裏から必要な箇所まで引き込みます。

VAケーブルの引き込み

あわせて読みたいブログパーツ

お役に立ちましたら下記のクリックをお願いします。


投稿日時: 2008年02月29日 13:22 [ EDIT ]

このページに使用しているタグ(目印)一覧

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

1Kルームのリフォームその4電気の仕込み」の記事が無い場合はスパム行為と見なしトラックバック出来ません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)





もう、ほったらかし大家は卒業しました。本業の電気屋の知識を活かし賃貸マンション運営の記録 ©2007

賃貸住宅運営日誌:特にDIY作業や設備面を中心に書いて行きたいと思います。