室内の補修カテゴリー

賃貸マンションの改修工事、補修工事の紹介と運営日誌!
室内の補修に関する情報を解説しています。


電気屋さんと賃貸住宅の大家さんはとっても相性がいい事に気が付きました。

室内の補修のカテゴリー

流し台のシーリング

キレイにならないので流し台を交換しました。

古い流し台、何とか電動工具できれいに磨いて使おうと思っていましたが、キレイになりません

結局、流し台を交換する事にし、今回は周りのシーリングです。

まずは、シール材がはみ出しても大丈夫なようにシールテープを貼っていきます。

P1330025.jpg

シール材を、キッチンの周りに塗っていきます。

P1330025.jpg

指で、シール材を伸ばして仕上げていきます。本当は指ではなく細いへらのような物の方がきれいに仕上がるのかもしれません。

P1330025.jpg

伸ばし終わったらシールテープを剥がしていき

P1330025.jpg

これで、完成です。

P1330025.jpg

日時: 2008年03月08日 17:48 | コメント (0) | トラックバック (0)

リノベーション後半年で退去の1LDK

室内の状況は

昨年10月リノベーション後に入居した方が個人的な事情で退去されました。

お部屋の退去立会いと共にクリーニングしてきました。

まず、床はホコリが転がっている物のキレイに使っていただきました。

P1330025.jpg

クロスもそのままで大丈夫ですが、1箇所だけ黒い手垢が・・

P1330025.jpg

まず、時間の掛かる換気扇から分解掃除を始めます。

P1330025.jpg

掃除機は軽いハンディタイプを持っていきました。

P1330025.jpg

古い掃除機の床ノズルとサイズがピッタリなので軽く楽チンです。

P1330025.jpg

床のこびり付いた汚れは水拭きやスポンジなどで取れました。

P1330025.jpg

問題のクロスの手垢ですが、魔法の洗剤を霧吹きで吹き付けて一拭き!

きれいに落ちました。単に台所洗剤を10倍位に薄めた水なんですがよく取れます。

P1330025.jpgP1330025.jpg

最後にワックスを掛け再度募集開始です。

P1330025.jpg

日時: 2008年03月08日 12:45 | コメント (0) | トラックバック (0)

玄関引き戸の鍵交換

開け閉めがやりにくい

この部屋の玄関は引き戸なので、ダイヤルキーなどの鍵が取り付けられません。

引き戸の玄関鍵

また、開け閉めが非常にやりにくく、鍵を押し付けてドアの隙間から鍵穴を覗かないと開け閉めができません。

しばらくして、慣れてくれば開け閉めできるようになりましたが、例えば仲介業者さんがお客様を連れてきて鍵の開け閉めで手間取ればそれだけで決まる率が下がります。

鍵の開け閉めがやりにくい

引き戸の鍵開口部など寸法を確認

そこで、鍵自体を交換することにしました。

まず、既存の鍵を固定しているネジをはずして、分解します。

鍵を分解します

開口部分の寸法を調べます。

引き戸開口部分のなど寸法を調べます。

また、ドアの厚みや隙間の寸法などを調べます。

引き戸開口部分のなど寸法を調べます。

アルファーの引き戸鍵

寸法を確認したところ、標準的な鍵で寸法が合うようです。

そこで、ホームセンターで探してきたのがアルファーの引き戸鍵です。決め手は「鍵を押し付ける必要はありません」と書かれていた事です。

アルファーの引き戸鍵

中身はディンプルキーが5本にスペーサーなどの部材がセットになっています。5本もあれば充分です。

ディンプルキー5本つき

説明書にしたがって鍵を取り付けていきます。

説明書にしたがって取り付けます

無事鍵交換が終わりました。本当に押さえつけなくても、鍵を差し込んで回すだけで開け閉めができるようになりました。

交換完了

日時: 2008年03月06日 07:37 | コメント (0) | トラックバック (0)

エアコンと給湯器の取替え

エアコンの取替え

部屋に取り付いていたエアコンが古い!今時茶色のワイヤードリモコンのエアコンです。しかも配管を窓パネルから通していたので窓がキッチリ閉まりませんでした。

隙間風で以前はかなり寒かったのではと思います。

そこで、エアコンを取り替えることにしました。

古いエアコン

まず、配管用の穴を開けます。

穴を開ける

壁の材質はコンクリートでした。幸い、乾式のダイヤモンドドリルで開けることが出来ました。

材質はRCでした

エアコンの据付版を取り付けて

据付版を取り付け

室内側の完成です。配管が一部見えてしまうので、因幡のMDタイプのダクトを取り付けて配管を隠しました。

室内側の完成

室外側も配管カバーを取り付けエアコンの取付が完成しました。

室外側も完成

給湯器の交換

給湯器も結構古くなっています。また、給湯器にリモコンが付いていないので温度設定が一定になってしまいます。

そこで、給湯器も交換することにしました。

古い給湯器

まず、古い給湯器を外します。外すと、塗装をしていない外壁が露出するので、後日ペンキを塗る必要がありそうです。

取外したところ

給湯器をコンクリートビスで固定して、リモコンの配線、水道の接続、ガス管の接続を行います。(ガス管の接続には資格が必要です)

給湯器の配管と配線

新たに、室内にリモコンを配線します。室内側の配線が露出しないように洗面所横に持ってきました。

リモコンの取り付け

リモコンの取付が完了しました。

リモコンの取り付け

これで、給湯器の取付が全て完了しました。

給湯器取替え完了g

日時: 2008年03月04日 17:27 | コメント (0) | トラックバック (0)

押し入れのシミと窓枠日焼けの補修

押し入れに水漏れ跡が

この部屋の押し入れは、押し入れの奥に何かを貼っていたのか、糊の跡と

押し入れのしみと糊の跡

かつて雨漏りしたのか、あるいは水気のある物を置いていたのか雨漏りのような跡が残っていました。

押し入れのシミ

そこで、4mm厚のコンパネを上から貼っていく事にしました。

押し入れに板を貼っていく

コンパネをカットし釘で固定していきます。

押し入れに板を貼っていく

押し入れの補修完了

上から全てベニヤを貼るとキレイに甦りました。

押し入れのしみと糊の跡 yajirusi.gif 押し入れの補修完了

押し入れのシミ yajirusi.gif 押し入れの補修完了

窓枠の日焼け

南側の窓なので、窓枠がひどく日に焼けていました。

窓枠の日焼け

そこで、表面をサンダーで削ってキレイにする事にしました。他にもペンキを塗ったり木目シールを貼る方法もあります。

窓枠をサンダーで削る

削る前と後では下記のように変りました。

窓枠の日焼けyajirusi.gif 窓枠の日焼け補修完了

日時: 2008年03月03日 15:49 | コメント (0) | トラックバック (0)

混合水栓の交換

配管位置が深くなりました。

キッチンボードを貼るために、混合水栓を取り外しましたが、シングルレバーの混合水栓に交換することにしました。

混合水栓の交換

キッチンボードを貼ったため、給水管の位置が少し深くなりました。

混合水栓の交換

混合水栓の部品を水道管にねじ込んで行くと、カバー部分が当たって奥まで入りません。スカスカなので水漏れを起こします。

混合水栓の交換

そこで、ホームセンターに探しに行くとありました。水道管を継ぎ足すアダプターです。

混合水栓の交換

シールテープを巻いて水道管にねじ込んでいきます。

混合水栓の交換混合水栓の交換

これなら、大丈夫です。混合水栓のソケット部分の取り付けが完了しました。

混合水栓の交換

混合水栓本体を取り付けて完成です。

混合水栓の交換

水漏れに注意

水栓取替え時の注意点ですが、水漏れを起こすと大変です。多量にもらすと階下家財や内装の弁償をしないといけません。水道の元栓を開けた時、水が吹き出さないか、しばらく様子を見て微量の漏水が無いか必ず確認しましょう。

混合水栓の交換

洗濯機の給水栓

洗濯機用の蛇口は普通のタイプがついていました。

洗濯機用蛇口

そこで、洗濯機専用の給水栓に交換することにしました。

洗濯機用蛇口

これは、混合水栓の交換に比較すると簡単です。蛇口の先をモンキーで外し交換するだけです。

洗濯機用蛇口

この蛇口なら、給水栓ジョイント不要で洗濯機にワンタッチ接続できます。

洗濯機用蛇口

日時: 2008年02月29日 14:01 | コメント (0) | トラックバック (0)

電線の仕込み工事

点検できる所を作る

内装工事の前に、必要な電気の線を仕込みます。まずお風呂上の点検口から天井裏を覗くと、狭いです。場所によっては天井との隙間が10cmもありません。

風呂上点検口

栓の引き込みが難しいので、追加で点検口を作ることにしました。天井を専用カッターで開口していきます。

点検口の開口

ダウンライト用の丸穴からも天井内部の点検が出来るので、下地の状況を確認しながら丸穴を開けていきます。

ダウンライト用の丸穴開口

点検口が完成したのでここを使って天井裏に配線を仕込みます。

点検口

電線の仕込み

電話線、アンテナ線、LANケーブル、インターホン用のケーブルなどを引き込み玄関上の天井裏に持って行きます。

電話線、LANケーブルの引き込み

情報コンセントがある場所まで電線を通します。

情報コンセントへの引き込み

台所用コンセントなども追加するので、電線も天井裏から必要な箇所まで引き込みます。

VAケーブルの引き込み

日時: 2008年02月29日 13:22 | コメント (0) | トラックバック (0)

キッチンボードの貼り付け

下地調整

キッチンにはタイルを貼っていますが、ガス栓周りなど仕上げが汚いのでキッチンボードを貼る事にしました。キッチンボードは初めての施工なので上手くできるか心配です。

まず、キッチンを全て撤去します。また、水栓があると貼り付けが出来ないので、仮に止水します。

タイルを貼っていない所にベニヤ板を貼り、タイル壁との段差を無くします。

キッチンの撤去仮止水

キッチンボードの施工

今回購入した、キッチンボード用のチップソーです。電動のこぎりの刃を替えてしまえば、後は木材のカットと同じような物でした。只粉塵が多量に発生するのでマスクを準備した方がよかったです。

使用したキッチンボードはアイカ工業製の アイカセラールと言う商品です。

キッチンボード用チップソー

貼り付けは両面テープと専用の接着剤で行います。両面テープを均等に貼り付けとの隙間に接着剤を付けていきます。両面テープがすぐにくっつくので、位置合わせをしたら一気に貼り付けます。

キッチンボードの貼り付け

水栓周り

混合水栓があるので、接続部分に合わせて丸穴を開けます。

水栓用の丸穴

水栓周りのキッチンボード

無事にキッチンボードの貼り付けが出来ました。

キッチンボード貼り付け完成

タイルを貼っていなかったガスコック周りの仕上げは施工前後で下記のようになりました。

施工前yajirusi.gif 施工後g

日時: 2008年02月26日 15:22 | コメント (0) | トラックバック (0)

一部下地の補修

下地が悪い

キッチン上部の壁ですが、電線が露出し油で黒くなり汚いです。

下地もネジが出っ張っていて、平らで無いところにペンキで仕上げています。この上にクロスを張るとネジなどが浮き出て汚いと思います

電線が露出 下地が悪い

下地のやり直し

そこで、上からベニヤを貼り下地をやり直すことにしました。まず、天井から新しい電線を仕込みました。

電線を仕込み

続いて、銅縁を打って壁をふかし、そこに電線を埋め込む事にしました。

こうすれば、汚い電線を隠す事ができます。

銅縁を打って

銅縁の上にはるベニヤをカットします。寸法を測ってベニヤとガイド用の板を仮固定すると、ガイド用の板に沿わせて電動のこぎりをスライドさせるだけでキレイに切れます。

難しかったのは元々のイガミがある為、幅が右と左さらには中央で異なるので、寸法あわせが大変でした。

ベニヤ板をカット

カットが出来ればコースレットでベニヤ板を固定していきます。

ベニヤを貼っていきます

これで、壁の下地補修が完成しました。この後はクロス屋さんに任せます。

下地の完成

日時: 2008年02月22日 17:30 | コメント (0) | トラックバック (0)

駐車場横の1Kルームのリフォームに掛かります

長らく放置していた部屋のリフォームです

大規模補修中は物置兼打ち合わせに使用していた部屋のリフォームに取り掛かりました。

珍しく引き戸式の玄関です。

yama061.jpg

4畳半押し入れ付きにキッチンと言う間取りです。付いているエアコンも古くクロスや畳も汚れています

nada0096-thumb.jpg

流し台もサビや焦げ付いているところもあります。

nada0095-thumb.jpg

流し台上には露出した配線があり、下地も悪いです。阪神大震災後ある工務店が施工したんですが、本当に大工と言うぐらい汚い仕上げです。

P1350001.JPG

キッチン後ろにはタイルを貼っていますが、ガス管のところだけよけて貼ってありません。

P1350003.JPG

どんな部屋になるか

さて、これからこの部屋のリフォームに掛かりますがどうなりますか?

日時: 2008年02月20日 09:18 | コメント (0) | トラックバック (0)


もう、ほったらかし大家は卒業しました。本業の電気屋の知識を活かし賃貸マンション運営の記録 ©2007

賃貸住宅運営日誌:特にDIY作業や設備面を中心に書いて行きたいと思います。