給水本管から水漏れ

建物に引き込まれている水道管の本管に多量の水滴が付いていました


電気屋さんと賃貸住宅の大家さんはとっても相性がいい事に気が付きました。

太い水道本管に多量の水滴?

またまた水漏れか?

P1510221.jpg

2月中ごろ、共用部天井を走っている水道の引き込み配管に多量の水滴が付いているのを確認しました。

またまた水漏れ?晴天で天井部分は濡れていないので、雨漏りではありません。

ここで、水漏れを起こすと、建物に引き込んでいる水道本管なので、全ての水が止まってしまい大変なことになります。

「スイマセン、給水からの水漏れで・・・」と水が止まった入居者や下階の店舗に謝ってまわらないといけません。

しかも、至急修理しないといけないので業者手配をする必要があります。


上階の床下で漏水?

P1510223.jpg

原因を探ろうと、配管を追いかけて行くと、こんな所も水滴が付いています。

この先は、部屋なので最悪は床下を捲って水道管の修理をしないといけません。

とりあえず、近くの工務店に連絡し見てもらうことにしました。






工務店に見てもらった結果は結露

この日は、2月としては異常に暖かい日で、冷たい水道管に結露で水滴が付いただけと判明

よかった!フット肩の荷が降りました。


あわせて読みたいブログパーツ

お役に立ちましたら下記のクリックをお願いします。


投稿日時: 2009年02月28日 10:15 [ EDIT ]

このページに使用しているタグ(目印)一覧

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

給水本管から水漏れ」の記事が無い場合はスパム行為と見なしトラックバック出来ません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)





もう、ほったらかし大家は卒業しました。本業の電気屋の知識を活かし賃貸マンション運営の記録 ©2007

賃貸住宅運営日誌:特にDIY作業や設備面を中心に書いて行きたいと思います。