共用部の補修カテゴリー

賃貸マンションの改修工事、補修工事の紹介と運営日誌!
共用部の補修に関する情報を解説しています。


電気屋さんと賃貸住宅の大家さんはとっても相性がいい事に気が付きました。

共用部の補修のカテゴリー

地下照明用の電気工事

ミライのVE管カバー

ミライVE管カバー

地下照明用の電気工事はVE管で配線を行いましたが、配管のコーナー処理にはミライのVE管カバーを使用しました。

写真のようにL型の被せのようになっていますので、露出したコーナー部分を隠す事が出来ます。


「地下照明の電気工事とセンサー照明の取り付け」の続きを読む

日時: 2008年05月14日 13:22 | コメント (2) | トラックバック (0)

地下照明の電気工事その2

ローコストセンサー照明

地下の照明

地下の駐車場には20W蛍光灯が3本しかなく暗いので、照明の取り付け工事を行いました。

駐車場の天井部分に塩ビパイプで、複数のコンセントを増設しホームセンターで販売されているローコストのセンサー照明を取り付けました。

防犯目的ではないので、出来るだけ眩しくないように電球は上向きに設置しました。


「地下駐車場の照明電気工事を行いました。」の続きを読む

日時: 2008年04月28日 10:15 | コメント (0) | トラックバック (0)

水圧が低い対策工事

水圧の調査

増圧ポンプの取り付け

昨年、改修工事を行った賃貸マンションの屋上です

高架水槽が屋上で入り口の上にあり、各部屋へ送られている水道の水圧は、高架水槽との高低差で決まっています。

改修工事中、すぐ下の部屋への水圧が少し低いのではと問題になっていました。

屋上の床面から、高架水槽の水面まで約5m、すぐ下の部屋の給湯器までの高低差が2mで合計7mの高低差です。

1mあたりの水圧を0.1Mpaと考えると、給湯器での水圧はおよそ0.7Mpaです。

お風呂で、シャワーを上げて使うことを考慮すると、高低差6mで、0.6Mpaとなります。


「最上階の部屋の水圧が少し低いので増圧ポンプを取り付けて改善しました」の続きを読む

日時: 2008年04月18日 22:38 | コメント (0) | トラックバック (0)

地上デジタル対応の調査

アンテナレベルの測定器で、賃貸マンションのアンテナ状況について調査しました。

P1220150.jpg

VHFアナログ放送

既存のVHF放送は実際に受信確認も行いましたが、下記のレベルでは問題なさそうです。アナログUHFも現在VHFに変換されて受信できております。

070421nada-vhf.jpg

地上波デジタル

地上波デジタルが、下記レベルなら受信できていないと思われます。おそらくブロックノイズか全く受信できていないかも!

近日、地上デジタル対応工事を実施します。

070421nada-chideji.jpg

日時: 2008年03月28日 09:50


もう、ほったらかし大家は卒業しました。本業の電気屋の知識を活かし賃貸マンション運営の記録 ©2007

賃貸住宅運営日誌:特にDIY作業や設備面を中心に書いて行きたいと思います。