汚水ポンプの交換その5

フロートスイッチの不具合で音がうるさいと苦情あり


電気屋さんと賃貸住宅の大家さんはとっても相性がいい事に気が付きました。

汚水ポンプの交換完成

鉄板の塗装

鉄板の塗装

鉄板のカットが終わったので、続けてさび止めの塗装を行いました。

倉庫を探したらスプレー式塗料の黄色と黒が残っていました。裏の目立たない場所なので黄色で塗装することにしました。

乾かしては塗りで塗装を重ねました。よく見ればムラがありますが割り切ります。

その夜、留守番電話にポンプの音がうるさいので見てほしいとメッセージが入っていました。


フロートスイッチの誤動作

フロートスイッチ周りの細工

翌日、現場まで確認に行くと、ポンプが止まらず回りっぱなしになっていました。

止まらないので音が大きく、しかも夜中中動いていたようで迷惑を掛けたようです。

原因を確認すると、新しいポンプのフロートスイッチが撤去しなかった古いポンプに引っ掛かり、フロートスイッチが誤動作していたようです。

対策は波板でフロートスイッチが引っかからないよう柵を作って行いました。

何度か動作確認しましたが、今度は大丈夫そうです。


鉄板設置完了

完成

最後にカットして塗装を施した鉄板を上に置き完成です。

汚い汚水枡が鉄板で隠れたので、キレイになりました。


あわせて読みたいブログパーツ

お役に立ちましたら下記のクリックをお願いします。


投稿日時: 2008年07月11日 14:23 [ EDIT ]

このページに使用しているタグ(目印)一覧

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

汚水ポンプの交換その5」の記事が無い場合はスパム行為と見なしトラックバック出来ません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)





もう、ほったらかし大家は卒業しました。本業の電気屋の知識を活かし賃貸マンション運営の記録 ©2007

賃貸住宅運営日誌:特にDIY作業や設備面を中心に書いて行きたいと思います。