表札の取り付け

各部屋の入り口横にキョーワナスタの表札を取り付けました


電気屋さんと賃貸住宅の大家さんはとっても相性がいい事に気が付きました。

玄関横に表札取り付け

キョウワナスタのKS-N22A

P1500253.jpg

空室リノベーションに合わせて、玄関横に表札を取り付けました。

今まで、付いていなかったので不便だったと思います。もちろん、リノベーションする部屋だけでなく全室に取り付けました。

取り付けた表札はキョウワナスタのKS-N22Aと言うタイプです。

選んだ理由は単に他の部屋で使っていたからです。


部屋番号と氏名を入れる

P1500223.jpg

この表札の問題点は、部屋番と氏名の部分を作るか、特注で作ってもらわないといけません

そこで、パソコンと光沢シール用紙で部屋番、氏名を作成しました。


部屋番号の部分は、シールをプラスティックの板に貼り付けて使用。

氏名の部分は、転居毎に交換する必要があるので、貼りつけずに挟み込むことにしました。

表面に、薄い透明のプラスティック板を挟み込みます。

経年変化が心配ですが、汚れたら又作り直せば良いだけです。

P1500224.jpg P1500226.jpg

取り付けは、電気屋なら簡単! ハンマードリルで3.4mm程度の穴をあけ、コンクリートビスで固定するだけです。 9枚の表札取り付けが1時間ぐらいで終了しました。

P1500250.jpg P1500253.jpg

あわせて読みたいブログパーツ

お役に立ちましたら下記のクリックをお願いします。


投稿日時: 2008年12月13日 15:34 [ EDIT ]

このページに使用しているタグ(目印)一覧

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

表札の取り付け」の記事が無い場合はスパム行為と見なしトラックバック出来ません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)





もう、ほったらかし大家は卒業しました。本業の電気屋の知識を活かし賃貸マンション運営の記録 ©2007

賃貸住宅運営日誌:特にDIY作業や設備面を中心に書いて行きたいと思います。