地下の照明電気工事その2

地下駐車場の照明電気工事を行いました。


電気屋さんと賃貸住宅の大家さんはとっても相性がいい事に気が付きました。

地下照明の電気工事その2

ローコストセンサー照明

地下の照明

地下の駐車場には20W蛍光灯が3本しかなく暗いので、照明の取り付け工事を行いました。

駐車場の天井部分に塩ビパイプで、複数のコンセントを増設しホームセンターで販売されているローコストのセンサー照明を取り付けました。

防犯目的ではないので、出来るだけ眩しくないように電球は上向きに設置しました。


電気代予想

地下の照明

取り付けた照明は75Wレフ電球2灯の照明が6台です。

1日に120人が駐車場を通ると仮定すると、1回の点灯が30秒ですので、トータールの点灯時間は60分となります。

電球は75Wが12灯で消費電力は900W

900W×1時間×30日=27kwhが予想消費電力となります。

1kwh22円で計算すると1ヶ月の電気代予想は594円となりました。


工事前後の比較

下記が、工事前後での明るさの比較です。

準備した照明で一部初期不良が出たので、全部取り付けていません。本当はもっと明るくなります。

地下の電気工事 yajirusi.gif 地下の照明

地下の照明

今回、塩ビパイプで電線をはわせましたが、コーナ部は露出状態です。

コーナー部にはミライVE管カバーを使用しようと思いましたが材料が足りなかったので後日実施です。


あわせて読みたいブログパーツ

お役に立ちましたら下記のクリックをお願いします。


投稿日時: 2008年04月28日 10:15 [ EDIT ]

このページに使用しているタグ(目印)一覧

,

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

地下の照明電気工事その2」の記事が無い場合はスパム行為と見なしトラックバック出来ません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)





もう、ほったらかし大家は卒業しました。本業の電気屋の知識を活かし賃貸マンション運営の記録 ©2007

賃貸住宅運営日誌:特にDIY作業や設備面を中心に書いて行きたいと思います。