汚水ポンプの交換その1

汚水ポンプのフロートスイッチが動作しない


電気屋さんと賃貸住宅の大家さんはとっても相性がいい事に気が付きました。

汚水ポンプの交換その1

フロートスイッチの動作不良

フロートスイッチ故障中

賃貸マンションの裏に汚水ますがあります。

建物の一番奥、細い路地にあるので、入居者でもこんな汚水ますがあることを知らないでしょう!

このます、かつては雨樋につながっていたので、雨天時は多量の水が流れていましたが、現在は排水ルートを変更したので、1軒分の雑排水を貯めてポンプで排水しています。

排水ポンプにはフロートスイッチが付いていて、水がたまるとポンプが動き、水位が下がるとポンプが停止するという動作を繰り前します。


ポンプ交換にチャレンジ

数ヶ月前、ポンプの動作がおかしい事に気が付きました。

水位が下がっているのに、ポンプが停止しません。水位を検知するフロートスイッチの動作がおかしいようです。

正常に動作するときもあるのですが、24時間中ポンプが止まらないと、音の苦情が発生すると思い、コンセントを抜いておきました。

コンセントを抜いていても、水位はある一定レベルで止まり、オーバーフローしないので、どこかに流れていってるようです。

かといって、放置することも出来ないので修理を検討しました。

外付けのフロートスイッチでもあれば、既存の排水ポンプがそのまま使えるかと思いましたが、適当なフロートスイッチが見つからずポンプ自体を交換することにしました。

水中ポンプの交換は初めて行いますが、汚水ますの中央には給水管?と思われる配管が通っているので作業が難しそうです。

汚水ます フロートスイッチが下がっても停止しない

あわせて読みたいブログパーツ

お役に立ちましたら下記のクリックをお願いします。


投稿日時: 2008年06月25日 09:41 [ EDIT ]

このページに使用しているタグ(目印)一覧

,

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

汚水ポンプの交換その1」の記事が無い場合はスパム行為と見なしトラックバック出来ません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)





もう、ほったらかし大家は卒業しました。本業の電気屋の知識を活かし賃貸マンション運営の記録 ©2007

賃貸住宅運営日誌:特にDIY作業や設備面を中心に書いて行きたいと思います。