汚水ポンプの交換その2

汚水ポンプ交換に伴い、ポンプや配管、継ぎ手などの材料を準備しました


電気屋さんと賃貸住宅の大家さんはとっても相性がいい事に気が付きました。

汚水ポンプの交換その2

ポンプと材料の準備

テラダの水中ポンプSXA-150

まず、排水ポンプの選択です。

既存のポンプは接続配管径が50mmの大きなタイプでしたが、現在は雨水の流れ込みも少ないので一回り小さな40mmタイプを探すことにしました。

そこで、見つけたのが→テラダの水中ポンプです。

テラダポンプのSXA-150は多少の固形物でも粉砕して送るようですし、フロートスイッチも付属しているので排水管を接続してコンセントを差し込めば使えるようです。

さらに、横幅も小さく汚水ます真ん中に通っている給水管との間隔でも設置できそうです。

右の写真では赤い円盤のような物がフロートスイッチです。水位が上がり赤い円盤が浮き上がるとポンプにスイッチが入り、沈むとポンプのスイッチが切れます。


汚水ポンプの購入

汚水ポンプは大型のホームセンターなどでも販売されています。

しかし、近所のホームセンターには置いていたものの結構高かったので下記のネットショップで手配しました。

配管部材の準備

今回のポンプに使用する配管径は40mm、排水圧力が掛かるので、VP40という種類の配管を準備しました。

さらに、配管接続用のエルボ、50mm配管と接続する異型アダプター、ポンプ側と接続するソケットなどを準備しました。

これらの配管も大型ホームセンターなら販売しているので準備が楽です。

市販されているVP管エルボ VP管とエルボ、ソケット

あわせて読みたいブログパーツ

お役に立ちましたら下記のクリックをお願いします。


投稿日時: 2008年06月26日 13:20 [ EDIT ]

このページに使用しているタグ(目印)一覧

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

汚水ポンプの交換その2」の記事が無い場合はスパム行為と見なしトラックバック出来ません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)





もう、ほったらかし大家は卒業しました。本業の電気屋の知識を活かし賃貸マンション運営の記録 ©2007

賃貸住宅運営日誌:特にDIY作業や設備面を中心に書いて行きたいと思います。