改修工事に備えてコア抜き

リノベーションに備えてエアコン用のコア抜きを先行して行おうと思いましたが・・


電気屋さんと賃貸住宅の大家さんはとっても相性がいい事に気が付きました。

コア抜き延期

解体後にすることにします。

P1490002.jpg

現在の空室を近々、リノベーションしようと計画中です。

工事が始まるとバタバタするので、先行してエアコン用のコア抜き6箇所を行おうと現地に向かいました。

位置決め用のアンカーを打ち、ダイヤモンドドリルの勾配調整、鉄筋の調査を行い、いざ穴を開けようとすると 桟に当たって水パットが入りません。

穴位置を上げるのも、エアコンの取り付け位置が上がってしまうので好ましくありません。

いろいろ悩んだ挙句、解体後にコア抜きすることにしました。


10月30日追記

水パットが邪魔になっても、ダイヤモンドドリルの向きを横や斜めにすれば、穴を開けられるのですが、相当な音も発生するので、その点も考慮しての延期です。

あわせて読みたいブログパーツ

お役に立ちましたら下記のクリックをお願いします。


投稿日時: 2008年10月28日 13:04 [ EDIT ]

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

改修工事に備えてコア抜き」の記事が無い場合はスパム行為と見なしトラックバック出来ません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)





もう、ほったらかし大家は卒業しました。本業の電気屋の知識を活かし賃貸マンション運営の記録 ©2007

賃貸住宅運営日誌:特にDIY作業や設備面を中心に書いて行きたいと思います。