地下からの湧水2

地下の床面をダイヤモンドカッターで開口して調査しました


電気屋さんと賃貸住宅の大家さんはとっても相性がいい事に気が付きました。

地下からの湧水対策

外注で調査依頼

ダイヤモンドドリルで開口

地下湧水について業者依頼したところ、地下室の床面をダイヤモンドドリルで開口し調査することになりました

まずは、開口作業開始です。


やはり、地下水が原因

ダイヤモンドドリルで開口すると、予想とおり水が吹き出してきました。

でも、それ程の量では無いので大丈夫です。

ポンプで水を排水する為、穴の奥を掘り起こしていきます。

ポンプで排水して状態が確認できました。

穴を深く掘り起こします ポンプで排水

排水ポンプ設置へ

湧水部分のひび割れを封鎖しても、内装されたところから漏れてくる可能性が高いので、排水用のポンプを設置することとなりました。

イメージとしては下記のような感じです。

湧水対策案

あわせて読みたいブログパーツ

お役に立ちましたら下記のクリックをお願いします。


投稿日時: 2009年08月20日 09:36 [ EDIT ]

このページに使用しているタグ(目印)一覧

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

地下からの湧水2」の記事が無い場合はスパム行為と見なしトラックバック出来ません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)





もう、ほったらかし大家は卒業しました。本業の電気屋の知識を活かし賃貸マンション運営の記録 ©2007

賃貸住宅運営日誌:特にDIY作業や設備面を中心に書いて行きたいと思います。