楽々ロック仕込み工事

再び楽々ロックの取り付け仕込み工事です


電気屋さんと賃貸住宅の大家さんはとっても相性がいい事に気が付きました。

再び楽々ロック取り付け

ドア開口で仕込み完了

かぎ取り付け完成

再び、楽々ロックの取り付け工事です。

今回は、近日リフォーム予定の部屋への仕込み工事ですので、取り付け穴だけの仕込み工事です。

前回、ドア枠への穴あけが難しかったので再チャレンジです。


サンダーで開口

前回は、ドア枠への穴あけをホルソーで行ったのですが、ドア枠裏にコンクリートがあり、ホルソーの刃は傷めるわ、角穴に削るのに時間が掛かるわで苦労しました。

今回は、最初からサンダーで開口したらキレイに仕上がりました。

最後にリューターでバリ取りをして仕込み完了です。

後日、ドアの塗装工事が終わってから鍵を取り付けたいと思います。

鍵穴開口 リューターでバリ取り

チェーンロック交換

もう一つ、チェーンロックも交換しました。

古く、金属磨きでこする程度ではキレイにならないので、ドアに取り付け穴を開けておきました。

こちらも、一度取り外し、ドア塗装が終了してから再取り付けします。

チェーンロック チェーンロック交換

あわせて読みたいブログパーツ

お役に立ちましたら下記のクリックをお願いします。


投稿日時: 2008年11月10日 08:30 [ EDIT ]

このページに使用しているタグ(目印)一覧

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

楽々ロック仕込み工事」の記事が無い場合はスパム行為と見なしトラックバック出来ません。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)





もう、ほったらかし大家は卒業しました。本業の電気屋の知識を活かし賃貸マンション運営の記録 ©2007

賃貸住宅運営日誌:特にDIY作業や設備面を中心に書いて行きたいと思います。