リノベーション物件見学

コモドスペースのリノベーション物件見学会に行って来ました


電気屋さんと賃貸住宅の大家さんはとっても相性がいい事に気が付きました。

コモドスペースの見学会

リノベーションパックできれいに仕上がっていました。

洋室

リノベーションを行った部屋の見学会があったので、行って来ました。

施工会社はコモドスペースと言ってリノベーションデザイナーズマンションを中心に手がけている会社です。

会社と見学したお部屋につきましては下記をご覧下さい。


キッチン

流し台

リノベーションパックと言う事で、改装費用は200万円代

まずは、キッチンです。3口のガスコンロのシステムキッチンの新品導入でキレイに仕上がっていました。


バス

お風呂

他にはお風呂や洗面台、洗濯機置き場、トイレも新品でキレイに仕上がっていました。

とても、昭和50年築とは思えない内装です。


アクセントの壁面

壁面

この部分が、アクセントとなる壁です。

1面のみ壁の色が変えてあり、スポットライトでライティング、さらにピクチャーレールで好きな物を飾れる様になっています。

細かな点を言うと、古い和室との境目が塩ビタイルの下に浮き出ていました。同じく壁面も境目が浮き出ていました。

原因を聞くと片側はコンクリートの下地、片側は元和室で、木の下地だから少し浮き出ているそうです。

理由を聞くと、浮き出ていてもよく見ないと気がつかない程度なので、コストを優先して割り切っているそうです。

確かに!コストが下がるなら気にならない程度の浮き出しです。

うちも、古くてどうしようもない部屋が残っているので、一度プランを考えてもらう事にしました。


あわせて読みたいブログパーツ

お役に立ちましたら下記のクリックをお願いします。


投稿日時: 2008年07月24日 11:26 [ EDIT ]

このページに使用しているタグ(目印)一覧

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

リノベーション物件見学」の記事が無い場合はスパム行為と見なしトラックバック出来ません。


もう、ほったらかし大家は卒業しました。本業の電気屋の知識を活かし賃貸マンション運営の記録 ©2007

賃貸住宅運営日誌:特にDIY作業や設備面を中心に書いて行きたいと思います。